ロゴ
HOME>ホットトピックス>高校でアニメーションを学んでクリエイターになろう

高校でアニメーションを学んでクリエイターになろう

原稿

アニメーション制作の過程

1つのアニメーションが完成するまでには、実に多くの過程が必要となります。ざっくり言うと企画から始まり脚本作成、デザイン(キャラクター、美術、色彩など)、絵コンテ作成などがあります。またレイアウト、原画完成、動画制作などの作業も必要です。なのでアニメーションを制作するにはシナリオライターや映像クリエイター、イラストレーターなど複数の専門性を持つクリエイターが集結して初めて完成させることが可能になります。それぞれの道に進むための技術を身につけるなら、専門知識が身に付くアニメーション高校に進学するのがお勧めです。

人気のある高校の特徴

原稿
no.1

講師の知名度が高い

人気のある高校には必ず知名度の高いプロのクリエイター講師がいます。第一線で活躍するクリエイターや憧れの人から直接学ぶことができるのが1番のメリットになります。また、モチベーションや学習意欲の向上も期待することができます。

no.2

カリキュラムが実践的

プロのクリエイターが実際の現場で行っているアニメーション技術や環境設備で学ぶことができる高校は2番目に人気があります。学校というよりもリアルな制作の現場に近い環境で技術を身につけることできるのは嬉しいことですね。受講するカリキュラム自体がプロが行っている制作内容となります。

no.3

未経験から高い技術が身につく

未経験からのスタートでも、高い技術と実践的な力を習得することが可能です。チーム制作を通しての企画からシナリオ制作、デッサンや絵コンテの書き方など、基礎から応用まで幅広い技術を学んでいきます。また、クリエイターになりたいという共通の思いを持った人が集まるので、刺激しあってお互いの技術や意欲を高める作用もあります。